Museum Highlights Vienna
               
Kunst Haus Wien – Museum Hundertwasser Kunsthistorisches Museum Leopold Museum MAK mumok Naturhistorisches Museum Wien Technisches Museum Wien  
Technisches Museum Wien
   

Mariahilferstraße 212
電話 +43 1 89 99 8-1720
tourism@tmw.at
www.tmw.at

市電
52 番か 58番で Penzinger Straße下車
地下鉄
U3で Johnstraße下車(徒歩10 分)
U4 でSchönbrunn下車(徒歩10 分)

月曜日から金曜日まで 9-18 時
土・日・祝祭日 10-18 時
閉館日: 1月1日、5月1日、11月1日、12月25日、12月31日

入館料
EUR 13 大人
EUR 11 割引
(学生・研修生割引
シニア割引)

グループ料金 (15名様以上)
EUR 10,50 大人
EUR 8,50 割引
青少年は19歳の誕生日まで無料。

 
ウィーン産業技術博物館

体験²
歴史的建造物の中に設置されたウィーン産業技術博物館では、過去から現在にいたるまでの様々な展示品や資料を通じて、有名な発明家たちの生涯と業績を物語っています。たとえばエトリッヒ・タウベIIは航空機の黎明期を代表するものですし、メルセデスW 196 「シルバーアロウ」は自動車の冒険旅行を思い起こさせます。また、エリザベート女帝が実際に旅行に使った宮廷馬車も見られます。
自動演奏楽器、操業可能な蒸気機関、実物そっくりの石炭掘削場など– ウィーン産業技術博物館の展示物は実際に触って、動かして、感動していただける体験型のものです。
テレビスタジオでは自らニュースをアナウンスしたり、叫びの部屋で声の大きさを測ったり、稲妻や静電気で髪の毛が逆立つのを観察したりしていただけます。
それだけではありません。ウィーン産業技術博物館にはオーストリアで最も貴重な機関車・列車が集められています。何年もの大規模な修復作業を経て、アヤックス、シュタインブリュックなど見事な機関車の数々がようやく博物館に戻って来ました。
驚嘆の産業技術 - ウィーン産業技術博物館では技術が冒険体験に早代わりします。

常設展示

20,000 m² の展示フロアには、当博物館の貴重な展示物が8つセクションに分かれて常設展示されています。展示は常に最新状態に更新され、短サイクルで展示内容を交替し、ダイナミックな展示をお楽しみいただいております。

日常生活セクションでは、日常生活の当たり前の事物を新たな視点から観察します。

エネルギー・セクションでは、エネルギー源確保という複雑な問題を扱っています。

メディア・ワールドでは、情報技術・コミュニケーション技術の発展を分りやすく解説しています。

音楽セクションでは、古来技術や手工業がどのように楽器の製作に関わってきたかを見ることができます。

自然と認識セクションでは、変化に富んだインタラクティブな展示で自然科学の世界観の移り変わりを学びます。

重工業セクションでは、原料採掘技術を説明します。

交通セクションでは、さまざまな移動手段の発展の歴史をたどります。

 


       
   
ハイライト

蒸気機関車体験
重量級の蒸気機関車が帰館

蒸気機関車のアヤックス、シュタインブリュック号が中央展示ホールに戻ってきました。二年以上の修復作業を経て、最古の蒸気機関車と車両を展示ホールに復帰させるのは、当博物館の念願でした。
 
       
   

楽器
オルガン、バイオリン、自動演奏楽器

当産業技術博物館は、創立当初より楽器製造業の展示も心がけてきました。中でも一番重要なのが、19世紀初頭までオルガン製造も手がけていたピアノ製造業です。アコーデオンが1829年にウィーンで発明されたことを知る人はあまりいないでしょう。楽器製造業は試行錯誤を重ねながら、改良に努めてきました。こうした実験の成果は20世紀の電子楽器に実を結びました。当館では楽器製造の実験の数々を特別のセクションに展示しています。

 

 

       
   

イベント、ワークショップ、ガイドツアー

イベント、ワークショップ、ガイドツアー
イベント的な性格を持つウィーン技術博物館は、青少年やお子様連れのご家族にとくに人気があります。いろいろな実験を体験することによって、またはインタラクティブな展示を通じて、科学現象や産業技術との関連を間近に実感していただけるからです。

炭坑内ガイド
細部に至るまで実物どおりに再現した見学用炭坑に入ると、20世紀の炭鉱掘削の様子が見られます。

静電高圧発生実験
このショーでは、静電気・電流・電磁界の世界へご案内します。
稲妻がひらめき、髪の毛が逆立つ静電高圧室での体験は、忘れられぬ思い出となること請け合いです。

概要ガイド
三つの展示分野で、対話形式のガイドをお楽しみいただけます。